SkyVisualEditor

Salesforceの画面を自在にデザインすることができるクラウド画面開発サービス

> 導入の流れ

導入の流れ

SkyVisualEditorは、画面を開発するSkyVisualEditor Studioと、開発した画面をSalesforceで利用するためのAppExchangeの2つのアプリで構成されています。

まずは、SkyVisualEditor Studioをサインアップして、画面を開発してみましょう。
※Studioで操作をお試しいただくには、Salesforceの組織が必要です。

Studioで作成した画面をSalesforce上で利用するには、AppExchangeをインストールします。
このAppExchangeは、30日間無料でお試しいただけます。

貴社のエンジニア育成のための本格的なトレーニングもご用意できますので、お気軽にご相談ください。

弊社の営業担当よりご連絡差し上げます。